SSDとは?初心者必見!ハードディスクが壊れてパソコン終了と思ったけど簡単復活

草太
あーついにノートパソコンが壊れちゃったよぉ~
ミカ
なんか、最近 SSD に交換したって話をよく聞くよね♪ やったの?
草太
昔はさー自作パソコンなんて感じでいろいろと弄ったりしたんだけど・・・最近はパソコンが安くなったからもうパーツとかあんまり分からなくなっちゃったんだよね~

パソコン復活?ハードディスクの交換は意外と簡単

もうパソコンを分解するとかしなくなっちゃったアナタ!

ハードディスクが壊れてお手上げになっているパソコン、ありませんか?

・・・・いないか、、(;^_^A

ちょっと私事ですが、同じような初心者的な方へパソコンショップで聞いた当たり前なことなんですがシェアしておきます♪

最近よくSSDに交換済!なんて話、聞きますよね?

SSDとは?

SSDとは、ソリッドステートドライブといってハードディスクと同様な記憶媒体です。

基本的にはHDD(ハードディスク)がほぼすべてのパソコンの記憶媒体として装着されています、

しかし、スマホやタブレット、また最近の超薄型のノートパソコンなどは、

HDDではなくSSDがついているんですね♪

最近よく言われる「HDDをSSDに交換」というのは従来のパソコンについていたHDDをSSDに交換するというもの。

source: Fujitsu ストレージ技術用語解説 / SSD(Solid State Drive)とは

メリットとしては、

・回転して動作するHDDと違いSSDは回転しないので故障しにくい

・回転しないので音がしない

・読み込み速度が早い(約5倍という話も)

また、デメリットとしては、

・要領に対して高価である

・万が一のデータ救出が不可能(HDDなら可能な場合もある

 

ハードディスクの規格は1つ(大昔の大型のモノ以外ですが)

SSDの意味は分かったんだけど、交換はいろいろとあるんでしょ?

草太
私もそう思っていました、何故ならかつてノートパソコンのメモリーを増設しようとして思った以上にいろいろと規格があって失敗した経験があったからです。

なので、ハードディスクが壊れてWindowsが起動できなかったパソコンをしぶしぶ放置していました。

そして、斜めに壁に立掛けていたパソコンを見てふと気が付いたのです!

どうせサポート外なら自分でやってみる価値はあるよな!!

ちなみに、この場合、リカバリー用のディスクがしっかりある状態です。そうでないとHDDを交換した後に Windows のインストール・各パーツの復旧ができません!

ということで、まずはノートパソコンのHDDを外してみることに

パソコンの型番をYoutubeなどで検索してカバーの開け方を一応探します

「(パソコンの型番や名称)+ HDD交換」などいろいろと探し参考にします。

ところどころメモとしてスマホで写真を撮っておきましょう。

私の場合、カバーを開けるビスはたった1つ、それを外してグッとスライドさせることでカバーが外れました

簡単にはスライドしなかったのでゴムのついた軍手をしたら簡単にスライドできました♪

また、HDDそのものは経年劣化的にくっついていましたが力を入れてムニッっと外しました

※ この辺は機種ごとに違いますので焦らずゆっくりと頑張ってください。

そして、外したHDDを持って近所のパソコンショップに行きました。

最近はアマゾンばっかりでパソコンショップ、行ってませんでしたよね。

もちろん「このHDDをSSDに交換したいのですが・・・どれがいいんですか?」と聞くためにです。

しかし売り場に行ってみると、かつてメモリー増設をした時のような複雑な説明は全くない・・

また、取り外したHDDを手に店員に聞いてみるも・・・「はぁ?」(しかも、かなりのしかめっ面)

つまり、

HDD、SSDの規格は1つしかないのです

難しい設定や違いはありません!

(もちろん大昔のHDDはもっと大きかったですが)

ですのでHDDを外すことができれば交換は簡単にできますよ♪

SSDに交換後、すこぶる調子よく復活しました!

もしハードディスクが壊れたことでパソコンを終わりにしてしまうことになるとしたら

ぜひご自身でSSDに交換してみてください!

全く別物のようにスピードも速くなりましたし快適になりました♪

ちなみに、SSDはHDDに比べ値段が高いのですが、

クラウドストレージを多用する今となっては大きさはあまり重要ではないですよね?

私の場合もパソコンショップで「その日限定価格」という240GのSSDを買いました。

また、HDDが壊れていないという場合でスピードアップのためにSSDに交換したいという方は、

HDDをSSDにそのままクローンするソフトなども多くあるようですので、その辺もチェックしてみてください。

リンク:Google HDDからSSDにクローン

最後までお読みいただきありがとうございました。☺

sponsor link

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です